Remote TestKit
スマホ実機購入が不要で
Roland ローランド / JUNO-DS88 シンセサイザー (JUNO-DS)【梅田店】
実機検証が可能なサービス


NOVATION CIRCUIT MONO STATION

Bass Sation IIから始まる次世代のシーケンスド・モノシンセ。

Circuit Mono Stationは、オリジナルのCircuitに搭載される32ベロシティ対応RGBパッドと扱いやすい3つのシーケンサー・トラックを装備した、ベースやリードに特化したシンセサイザーです。

このシンセには2つのオシレーター、3つのディストーション・モード、プラス1つのマルチモード・フィルタをもち、ハイ・パス、ローパスまたはバンドパス・フィルターを選択可能です。


Circuit Mono Stationでは、2つのオシレーターを同期させること、外して個別にコントロールさせる事が可能で、かつ4つの波形(のこぎり歯、三角形、正方形とサンプル+ホールド)、サブオシレーター、リングモジュレーター、ノイズジェネレーターが装備されており、加えて12dBと24dBのスロープをもつハイパス/ローパス/バンドパスフィルター、そして強力なオーバードライブにより非常に柔軟な音作りが可能です。


そして3つのシーケンサーは、2台のオシレーター・シーケンサーと1台のモジュレーション・シーケンサーで構成されており、動きのあるフレーズやサウンドを得る事が可能です。

さらに4x8モジュレーション・マトリックスにより、LFOから4つの波形、エンベロープ、シーケンサーあるいはベロシティを伴ってルーティングさせることが可能で、ピッチ、パルス幅、アンプ、フィルタ、ディストーションまたはCVのために複雑なモジュレーションの作成までも可能にします。


こうした一連のパッチはCircuit Componentsソフトウェアにより管理・保存・リコールが可能ですので、アナログフィール漂うマシンでありながら、現代らしい見逃せない機能も備えています。


マスターMIDIマシンとしても。

Circuit Mono StationはMIDI、CV/ゲート、モジュレーション・アウトを備えているので別のハードウェアのマスターコントローラーとしてもオススメです。

Circuit Mono Stationのオーディオインプットは、内蔵のアナログフィルターとディストーションを通す事が可能で、さらにModシーケンサーも併用すればとインプットソースをまったく新しい方向へ変化させる事も可能です。



主な特徴

・同期とチューニング・パラメータの個々の制御による2つのオシレーター
・ハイパス、ローパスと12dBと24dBのスロープによる帯域フィルター
・3つのディストーションモード
・個々のコントロールでモノフォニックかパラフォニックを選択
・複雑な変更とルーティングを可能にする4×8モジュレーション・マトリックス
・デバイス上で最高64までのパッチをリコール&保存
・3本のシーケンサー・トラック(2台のオシレーターシーケンサー、1台のモジュレーション・シーケンサー)
・32のベロシティ対応RGBパッド
・16のスケール・タイプ
・可変可能なシンクレート
・CV/Gate、CV ModプラスMIDI In(別のハードウェアをつないで、制御するためのOutとThru)
・オーディオインプットを使い音声ソースを進化させて処理
・Componentsによる予備パッチとセッション

関連タグ:ノベーション シンセサイザー

仕様詳細・対応動作要件は、本製品メーカーサイト情報をご参照の上、お買い求めください。